公認会計士の合格者について

公認会計士とは、監査および会計の専門家です。
その業務は、会社等の公正な事業活動や投資者さらには債権者の保護等を図るため、財務書類その他の財務に関する情報の監査などを行います。
数多くある国家資格のなかでも非常に難易度の高い試験として知られています。
合格率は2014年においては、1102人となっており、受験者に対する合格率は10.1パ-セントと非常に狭き門といえます。
試験の流れとしては、2006年に新試験に変わっています。
この2006年を境としてそれ以前の試験を旧試験、それ以降の試験を新試験と呼ぶことがあります。
2006年以前は合格者が1300人前後で推移していましたが、2007年は2,695人と非常に合格者は増えており、試験勉強を始める人達も多くなってきています。

■公認会計士の合格について
公認会計士の試験は、短答式試験と論文式試験の2つの試験があります。
そして短答式試験に合格した人だけが論文式試験を受験することができます。
短答式試験は総点数の70パ-セントを基準として合否が判定され、論文式試験は52パ-セントを基準として合否が判定されます。
この試験に合格するためには、予備校など専門学校を利用することが一般的です。
ある調査によると、この試験の合格者の99パ-セントが何らかの形で予備校や専門学校を利用しているという結果が出ています。
また合格するために必要な年数はだいたい2年から4年程度といわれています。
難易度の高い試験であるため受験に専念して試験に合格することを目指す人が多いのも特色です。

■公認会計士の勉強について
勉強するためには予備校や専門学校を利用する方法が一般的ですが、そのコ-スは非常に多くの選択肢があります。
当然受験生の状況もそれぞれです。
たとえば社会人として働きながら受験する人や大学に通いながら受験する人さらには試験の受験に専念して受験する人などがいます。
それぞれ勉強に充てることができる時間も異なりますので、それぞれに合わせたカリキュラムが用意されている予備校や専門学校がほとんどです。
大手の予備校や専門学校であれば、1年8か月かけてすべてのカリキュラムが組まれているコ-スや2年かけてカリキュラムが組まれているものなどがあります。
またその授業形態として教室で受講するタイプだけでなく、ウェブ通信なども用意されています。

勉強の費用について

公認会計士の試験は合格率が例年10%を切る厳しさで知られております。
そうした厳しさから受験勉強に際して予備校通いを始める者も珍しくありません。
予備校通いには目安として1年あたり30万円から50万円を要します。
教材や予備校に通う日ごとに要する交通費などを含めれば若干費用が上乗せされます。
あくまで30万円から50万円という目安は1年で合格するに至った場合の話であり、実際には数年を費やして勉強を行うケースがざらであります。
そして30歳が年齢的な限界と言えます。
これ以降に資格を取得しても30歳以降は資格よりも職歴の方が重視されるのであまり公認会計士のメリットが発揮されません。
特に試験のために何年も浪人を重ねていた場合には往々にして実社会経験の乏しさが際立つので就職に不利になりがちであり、仮に就職できたとしても仕事について行けない場合が少なくありません。
要するに費用対効果が高くなるかどうかという問題は本人の努力や能力次第ということになります。
どのような分野であっても仕事というものは総じて厳しいという事実を受け入れ、努力や忍耐を惜しまない人物であることがその道で働くことを志す条件であると言えます。

オススメリンク

資格取得の為に必要なこと。それな公認会計士の勉強方法をマスターしておくと安心。目指す夢を叶えるために必要な知識をつけていこう。

専門学校の存在

この公認会計士と言う資格を取得するためには国家試験に合格する必要があります。
しっかりと勉強をして、取得を目指す必要があるのです。
自分で勉強をして、取得を目指す事も出来ない事はありません。
しかしながら、やは…Read more

増える需要

多くの企業が日本には存在しています。
それらの企業で必ず必要になるのが会計です。
会計は企業の収支を計上するうえで必ず必要になってくるものです。
経理と言う部署が存在している企業は数多くありますが、それらの企業…Read more

資格について

公認会計士とは国家資格の一つであり、主に企業の財務諸表や内部統制に対する会計監査を行います。
そして監査の結果、企業の経営者が作成した財務諸表が企業の経営成績や財政状態、キャッシュフローの状況を適正に表示していると認めた場合に…Read more

関連リンク

    資格について

    公認会計士とは国家資格の一つであり、主に企業の財務諸表や内部統制に対する会計監査を行います。そして監査の結果、...

    Readmore

    増える需要

    多くの企業が日本には存在しています。それらの企業で必ず必要になるのが会計です。会計は企業の収支を計上するうえで...

    Readmore

    現在に至るまで

    公認会計士という概念は19世紀のイギリスで既に発祥しており、この頃には職能者同士が集まる独自の組合が形成される...

    Readmore
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031